であいの妨げになる自分ルール

であいの妨げになる自分ルール

であいのチャンスをつぶす自分ルールにこだわり過ぎている人がいます。
これはとてももったいないことです。

 

自分なりのこだわりを捨てるだけで、すごく素敵な人との交際に発展する可能性もあります。
自分を振り返る機会として考えてみましょう。

 

 

たとえば女性の場合、自分からは連絡しないというルールを決めている人がいます。
男性側からアプローチしてほしいと願うのはいいのですが、せっかくチャンスがあっても自分から絶対に行動しないとなると、であいの数はぐんと減ることでしょう。

 

がっつき過ぎないというのは良いとしても、デートの誘いは必ず男性からするものとか、声を掛けるのは男性からじゃないといけないなどの、こだわりに固執しないようにしましょう。

 

 

自分のこだわりを優先する別の分野は、休日に自分のことを優先する人です。
日曜は自分の趣味の時間、夜は必ず好きなドラマを観る時間、など自分のための時間がありすぎると、それに比例してであいも減ってしまいます。

 

他の人のための時間があってこそ、であいに繋がっていくのです。
ゴロゴロするのが好きだとしても、没頭したい趣味があるとしても、であいのために他の人に注意を向ける余裕を持っておきましょう。

 

 

ネットを通じての関係もそうで、あまりに自分のことに時間を使い過ぎると、メールを返したりブログやフェイスブックにコメントしたりするだけでも、なるべく簡単に済まそうと考えてしまいがちです。

 

嫌々そういうことをしても、であいに繋がったり交際に発展したりすることはないのです。

⇒おすすめの出会い系サイトはこちら!


【deaikei.net】