コミュニティサイト メールマナー違反 例

コミュニティサイトでのメールマナー違反の例を紹介

コミュニティサイトでのマナー違反の例を取り上げておきます。
知らず知らずのうちに礼儀知らずな行動をとってしまうかもしれませんし、知っているけれどついやってしまうミスもあります。

 

 

まず気を付けたいのは、知り合った相手とすぐに会おうとすることです。

 

出会い目的でコミュニティサイトに登録する人もいますが、そうでない人もいます。

 

 

そもそも現実世界の関わりよりも楽だからということで、ネット上のコミュニティサイトを利用する人もいるのです。
そんな考えの人も、メールのやり取りをするうちに考えが変わり、会ってみたいと思うようになるかもしれません。

 

 

ですがいきなり会おうとするのはマナー違反です。
まずはお互いのことをよく知り合ってからにするほうがいいので、早く連絡先を聞いてプレッシャーをかけることがないように気を付けましょう。

 

コミュニティサイトでは色々な人とのやり取りが同時に行なわれるかもしれません。
その場合、ついメールの返信を忘れてしまったり、遅れ気味になってしまったりすることもあります。

 

 

すぐに返事をしなければいけないというわけではありませんが、返事がないままお断りというのは、マナー違反です。

 

明らかに失礼な相手からでなければ、極力返信するように心がけましょう。
相手も勇気を出してメッセージを送信しているのかもしれません。

 

 

自分だったらその時どう反応してほしいだろうかと考えて行動しましょう。
そうやって考えること自体、自分の内面を磨くことにもなります。

⇒おすすめの出会い系サイトはこちら!


【deaikei.net】